札幌の歩き方〜イチニチイチサッポロ〜

麻生の酒販店「酒のいろは」をオープン初日に訪ねてみました

time 2016/05/17

本日は北区麻生に新しくオープンした酒販店「酒のいろは」に来てみました。

以前この場所にあったローソンが無くなって以来、跡地に何が出来るのかと思っていたところまさかの酒屋さんということで、お酒好きとしては嬉しい限り。
この界隈はお酒を売っている店といってもスーパーだったりコンビニだったりと、しっかりとした酒屋さんが無かっただけに、非常にありがたいですね。

ということで、オープン初日の忙しい中店長さんに時間を割いて頂き色々お話を伺ってみました。

内装は一見して分かる通りかなりスタイリッシュで、一般的に考えられがちな「酒屋!」という雑然としたイメージからは程遠い印象。品揃えはウィスキーにスピリッツ、リキュール、ワイン、焼酎に日本酒と、どのカテゴリーもかなり充実しており、この規模の店舗としては文句なしでした。
ワインに関しては、シャトー・オー・ブリオンを始め有名どころを多数取り揃えている反面、東京のインポーターとダイレクトに取引しているため、ヴェルサーチのブランドワイン等珍しいものも多いのが特徴。

店長のお話によるとこちらのお店の主力は日本酒で、実際に蔵元まで行って仕入れてきた北海道ではあまり目にすることのないお酒を多数取り揃えているとのこと。
石川・能登半島のお酒「竹葉」や伊達家の家紋が刻まれたボトルがオシャレな伊達家御用達の「勝山」、新潟の「笹祝」など珍しい日本酒に加え、女性に人気の日本酒スパークリングや純米酒に柚子等の果実を配合した日本酒原料のリキュールなど充実のラインナップで、日本酒コーナーだけでも相当見応えがありました。
ゆくゆくは試飲スペースも設置予定とのことでしたので、近所に住んでいる人間としてはかなり楽しみだったりしますw

実際に店内を拝見した感想としては、かなり珍しい商品が多く、価格もリーズナブルなものからちょっとリッチなもの、超高級品までバリエーションに富んでいるため、贈答用から普段使いまで様々な用途に対応できるという印象でした。
北海道ではお目にかかったことのない銘柄が多数取り揃えてあるので、お酒好きの方なら見ているだけでも楽しいかもしれませんね。

店長曰く、大切な方へのプレゼントや記念の品などお客様のご要望に対して相応しい商品を即座に提示できるショップを目指したい、とのことでしたので、何か贈り物を考えている方は相談してみては如何でしょうか。

個人的にはヘンテコなスピリッツとかリキュールとかがもう少し多ければイイなーとも思ったんですが、そりゃ贅沢というものですわな。あと低価格帯のスパークリングワインが豊富なのが嬉しかったです。


■ 酒のいろは」
北海道札幌市北区麻生町1丁目7-17
011-299-6168

地下鉄南北線麻生駅から徒歩で大体10分程です。

sponsored link

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


未分類

sponsored link

札幌の歩き方とは?

「札幌の歩き方」は、札幌で遊ぶ、歩く、買う、食べる、学ぶ、働く、稼ぐ、生活するなど、とにかく「札幌」に関するアレコレを動画メインで紹介していくサイトです。
毎日休まず動画配信中!
follow us in feedly

ライター紹介

nana
札幌生まれ札幌育ちの28歳。
一児の母ながら、モデル、タレントしても活動中。
ママになってもオシャレでいたい!をコンセプトとした ブログ「Nanaスタイル~ママレディな女性になる方法~」を運営

人気の記事

まだデータがありません。

ランキング

最近のコメント

    sponsored link