札幌の歩き方〜イチニチイチサッポロ〜

【小樽編】総合博物館資料コーナーの再現模型がスゴい!

time 2016/06/09

今回は小樽総合博物館の資料コーナーをご紹介いたします。

博物館の資料コーナーというと往々にして紙の資料などが
ケース内に陳列されているだけの、地味というか、あまり
パッと見の面白さに欠けるものが多い気がするのですが、
こちらの博物館では鉄道開設当時の様子を精巧な模型で表現
しており、ビジュアル的に結構面白い内容になっております。

鉄道開設期における線路の設営風景では、当時の「全て人力で
作業を行なっている」様子を見ることができ、鉄道開設に
際する膨大な労力が伺えます。
その他、鉄道開通後の初試運転の様子や、手宮の港にかつて
存在した巨大建築である高架桟橋の再現など、鉄道や歴史に
関心の薄い人間でも思わず感心してしまうハイクオリティの模型が
揃っており、ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。


This time, Introduce the Data Corner of Otaru General Museum.
In this museum, the scene of railway open is expressed by the elaborate model.
The visual becomes pretty interesting content.

sponsored link

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


未分類

sponsored link

札幌の歩き方とは?

「札幌の歩き方」は、札幌で遊ぶ、歩く、買う、食べる、学ぶ、働く、稼ぐ、生活するなど、とにかく「札幌」に関するアレコレを動画メインで紹介していくサイトです。
毎日休まず動画配信中!
follow us in feedly

ライター紹介

mizo
北海道生まれ北海道育ち。札幌暮らし23年のクリエイター。
タウン誌や雑誌、ラジオの取材で廻りまくった札幌のメジャーどころからマニアックなものまでアンテナに引っかかったものをレポートします。
ちなみに北海道出身なのに福岡ソフトバンクホークスファン歴40年(南海時代から)で、時に顰蹙を買うことも…。

ランキング

最近のコメント

    sponsored link