札幌の歩き方〜イチニチイチサッポロ〜

牛もち

time 2016/06/28

北海道ではお馴染みの餅菓子。
その名は牛もち。

牛と書いて「べこ」と読み
べこもちといいます。

べこは、北海道の方言で牛のこと。
べこ餅は、牛の顔を見立てて作られた餅菓子です。

札幌駅前のどさんこプラザをはじめ、
札幌や北海道のお土産屋さんなどで販売されています。

Beko-mochi is familiar rice cake sweets in Hokkaido.
Beko means “cow” in Hokkaido dialect.
Using the brown sugar, it is made to resemble the face of the cattle.

sponsored link

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


未分類

sponsored link

札幌の歩き方とは?

「札幌の歩き方」は、札幌で遊ぶ、歩く、買う、食べる、学ぶ、働く、稼ぐ、生活するなど、とにかく「札幌」に関するアレコレを動画メインで紹介していくサイトです。
毎日休まず動画配信中!
follow us in feedly

ライター紹介

mizo
北海道生まれ北海道育ち。札幌暮らし23年のクリエイター。
タウン誌や雑誌、ラジオの取材で廻りまくった札幌のメジャーどころからマニアックなものまでアンテナに引っかかったものをレポートします。
ちなみに北海道出身なのに福岡ソフトバンクホークスファン歴40年(南海時代から)で、時に顰蹙を買うことも…。

ランキング

最近のコメント

    sponsored link