札幌の歩き方〜イチニチイチサッポロ〜

大学生が一夜限りのアイドルに!UNIDOL(ユニドル)北海道予選

time 2017/12/09

UNIDOL(ユニドル)

UNIDOL(ユニドル)北海道予選が、2017年12月3日、
札幌市内のSound Lab moleで開催。
9組のUNIDOLが出演しました。

UNIDOL(ユニドル)

UNIDOL(ユニドル)とは、UNIversity iDOLの略。
大学対抗の女子大生アイドル日本一決定戦のことです。

コンセプトは、「普通の女子大生が、一夜限りの”アイドル”としてステージに立つ」
さまざまなアイドルのコピーダンスによる祭典です。

UNIDOL(ユニドル)

UNIDOLのメイン企画が年2回の大会。
北は北海道から南は九州まで
全国を5つのブロックに分け、予選会を開催。

予選を勝ち抜いたUNIDOLは全国大会にコマを進めます。

UNIDOL(ユニドル)
UNIDOL(ユニドル)

今冬の全国大会は
2019年2月14日のバレンタインデーに新木場STUDIO COASTで開催。
その決勝大会へ駒を進むべく、北海道予選。
参加したのは8校9組のユニドルたちです。


Prima☆Stella(北星学園大学)
北星学園大学のアイドル大好きメンバーによるプリマステラ。
前大会北海道代表として全国大会に出場。
お客と一緒に楽しむステージをコンセプトに
再び全国の舞台を目指す。
日曜日のシンデレラ(北海学園大学)
大学生だけど清純!全力!をコンセプトに、
本物のアイドルのような「シンデレラ」を目指した
衣装は手作り。可愛い衣装で本気のステージパフォーマンスを魅せる。
うさぎBABY(北海道科学大学)
うさ耳ピンクをつけてカワイイ世界観を作り出す。
リーダーのあいちんがTwitterで出場者を募り、はるちゃん、まいちゃんが加入し結成された。
笑顔で思いっきり堂々と、うさぎのアイドルがステージ狭しと踊り歌う。
Movin’girls(北海道教育大学札幌校)
3回連続の出場。
1回目は3位、2回目は2位。メンバーを増量しさらにパワーアップ。
手作りの衣装でクオリティの高いパフォーマンスを表現する。
鶴らんたん(北海道文教大学)
チーム名の由来は、北海道文教大学の鶴岡学園の「鶴」と、
恵庭市の名産ジャック・オー・ランタンの「らんたん」から。
1回目大会から連続出場中。
℃-ute大好きの3人が、℃-uteの解散を受け℃-uteに捧げるセットリストで構成。
あんじゅす(札幌国際大学)
札幌国際大学チアリーディング部のアイドルと踊ることが大好きな部員が集まり結成。
チーム名の由来は、天使のように周りの人々を幸せにしたいという思いから。
個性あふれる5人の天使たちが、幸せのひとときをお届けする。
S.N.frontier??(北海道教育大学札幌校)
メンバーは全員保健室の先生の卵。
5人とも大学4年生で、これがユニドルラストステージ。
今回のテーマは「王道アイドル」。
はなまるカルテット(光塩学園女子短期大学)
今回ユニドル初参戦で初めて結成されたグループ。
4重奏で元気を奏でる光塩学園女子短期大学のはなまるカルテット。
チームコンセプトは、ニッポンをはなまる満点元気な笑顔に!
↓ pink jam(北翔大学)
同じ劇団出身による5人組ユニットのpink jam。
歌うこと踊ることが大好きで、再び同じステージに立つためにチームを結成した。
完成度の高いパフォーマンスで、北海道の冬を500%熱くする!

sponsored link

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


未分類

sponsored link

札幌の歩き方とは?

「札幌の歩き方」は、札幌で遊ぶ、歩く、買う、食べる、学ぶ、働く、稼ぐ、生活するなど、とにかく「札幌」に関するアレコレを動画メインで紹介していくサイトです。
毎日休まず動画配信中!
follow us in feedly

ライター紹介

mizo
北海道生まれ北海道育ち。札幌暮らし23年のクリエイター。
タウン誌や雑誌、ラジオの取材で廻りまくった札幌のメジャーどころからマニアックなものまでアンテナに引っかかったものをレポートします。
ちなみに北海道出身なのに福岡ソフトバンクホークスファン歴40年(南海時代から)で、時に顰蹙を買うことも…。

ランキング

最近のコメント

    sponsored link