札幌の歩き方〜イチニチイチサッポロ〜

小樽文学館のカフェ・古本コーナー

time 2016/09/02

本日は、以前取材しました小樽美術館と同じ建物の2階、
小樽文学館の中に設置されておりますカフェコーナーと
古本コーナーをご紹介したいと思います。

文学館は小樽に縁のある作家の企画展などが開催されて
おり、そちらに入る場合は入館料がかかるんですが、この
カフェコーナーと古本コーナーは無料となっております。

古本コーナーは街の小さな古本屋くらいの規模で、決して
大量に本があるわけではないのですが、文学からコミック・
雑誌まで様々なジャンルの書籍を取り揃えており、結構
じっくりと見てしまいます。かなり古い書籍や雑誌も
ありますので、思わぬレア本に出会えるかもしれません。

古本コーナーからぐるっと反対側に振り向くと、カフェの
コーナーがあります。手作り感はあるものの、かなり
しっかりと作りこまれたカフェスペースで、企画された方の
熱意が伝わってきますね。

飲み物はコーヒーにお茶、水があり、基本セルフサービス。
料金はドネーション(志し)制で、卓上の貯金箱に任意の
金額を入れるシステムになっております。

小樽観光であちこち廻ったりするのも楽しいですが、ちょっと
疲れた際になど、ふらっと文学館に立ち寄って、古本コーナーで
買った本をめくりつつカフェコーナーでほっと一息、というのも
なかなかにステキな過ごし方なのではないでしょうか。

小樽文学館
〒047-0031 北海道小樽市 色内1丁目9−5
TEL/FAX 0134-32-2388
開館時間 午前9時30分より午後5時まで(入館は4時30分まで)
http://otarubungakusha.com/yakata

Introduce a cafe corner and secondhand book corner of Otaru Literature Museum that is in the same building as the Otaru Art Museum.

This cafe corner and secondhand book corner is free admission.

Otaru Literature Museum
〒047-0031 Ironai 1-chome 9-5 Otaru Hokkaido
TEL / FAX 0134-32-2388
9:30 – 17:00 (Admission is until 16:30)
http://otarubungakusha.com/yakata
小樽文学館のカフェ


sponsored link

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


未分類

sponsored link

札幌の歩き方とは?

「札幌の歩き方」は、札幌で遊ぶ、歩く、買う、食べる、学ぶ、働く、稼ぐ、生活するなど、とにかく「札幌」に関するアレコレを動画メインで紹介していくサイトです。
毎日休まず動画配信中!
follow us in feedly

ライター紹介

nana
札幌生まれ札幌育ちの28歳。
一児の母ながら、モデル、タレントしても活動中。
ママになってもオシャレでいたい!をコンセプトとした ブログ「Nanaスタイル~ママレディな女性になる方法~」を運営

ランキング

最近のコメント

    sponsored link