ギャラが少ないとかの不満

吉本興業がなんやかんやの大騒ぎになってずいぶんな月日が経った。

その辺の過程やその感想については、あちこちで議論されてるようだし

今さら私事気が書くことではないが、

気になったことを一つだけ。

芸人がギャラが安いだ、吉本に抜かれてるだとバッシングしているが、

ギャラってどこから出てるのか。

その売り上げがどう潤滑にまわるのか。

ほとんどの芸人さんはわかっているのでしょうが、

「今だ」とばかりに声を大にして叫ぶテレビで何回か見たことのある芸人さんや

ウイキペディアでその存在を確認できた元吉本の芸人さんなんかは

よくわかってないで叫んでいるのかなと思う。

吉本の舞台に出て

「ギャラが300円だった」

みたいなことを書いてる芸人さんがいる。

よしもとは常設小屋を複数抱えておりそれを運営しているのだが、

満員御礼の日もあるが、客より椅子が多いガラガラさんの日もある。

以前わたしが観に行ったルミネtheよしもとの舞台。

平日の昼間ということもあるが、見事なまでのガラガラ。

あまりにガラガラなので客の人数を数えてみた。

23人だった。

前売が2000円当日が2500円。

仮に全員当日の入場券購入としても収益は5万7500円である。

この日の出演は漫才5組にトリオコントとピン芸人。

それからSPコントに5人。

合計19人の芸人が出演していた。

5万7500円÷19=3026円

じゃあ、一人のギャラは3026円だね・・・

とはもちろんならない。

受付には3人の女性が、

チケット売り場には2人の女性がいた。

5人の時給が1000円としても5000円。

音響さんと照明さんがいる。

一日複数ステージで思いっきりグロスだとしてもそれぞれに2万や3万のギャラは発生してるだろう。

それからあの会場。

よしもとの自前と言ったって維持費がある。

1日何万ってとこで1日に5ステージこなしたって一回のライブの維持費に万単位はかかる。

他にもいろいろ経費が掛かるが、まぁここまでの時点でも

5万7500円からなんやかんや引いたら多分ゼロ。

この公演に関しては間違いなく赤字でしょう。

それでも当然ながら芸人さんは所定のギャラをもらっているでしょう。

もちろんキャパ458席がすべて埋まれば売り上げは100万超え。

日曜日なんかはもっと高い価格で公演してますのでもっと利益は出てるでしょう。

だから満員なのに「ギャラ〇○円かよ」と愚痴りたくなるのはわかりますが

じゃあガラガラの日に「ギャラ返納します」って人はいないでしょうしね。

あと自分たちの単独公演満員だったのに何千円しかもらえなかったって書き込みしてた人いましたが、あれも会場費やステージ運営費なんかを差っ引いたらきっと赤字でしょう。

チケット発売即ソールドアウトだったコントトリオのシティボーイズは

ゴールデンウイークのライブが全公演満員御礼でも赤字だったそうです。

それは舞台は儲けるとことでなくて自分を磨くところ。

自分自身のステップのための場と思ってやっていたからでしょう。

舞台って儲からないのよ。

だけどその陰の部分を見ないと

こんなにチケット売れたのに、、、ってなるんでしょうが、

その向こう側もきちんと見ないとどうやって経済が回っているかわからなくなる。

自分のお金がどこから出て、そのお金が出るまで出費と収入がどれくらいまわっているのか…まっ、芸人に限らずほとんどの会社員は理解していないでしょうがね…と偉そうに書きながら自分もそんなにわかってない(苦笑)。

自分の会社を始めてから余計それは痛感し、

だから今はギャラが少ない、報酬が減ったなどの文句は

言わないようにしてる

・・・

あまりね・・・

あまり(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です