退職代行なるサービスがあるそうだ。

さっきネットニュースで知った。

ブラック企業に勤め
辞めたくても辞めれない会社員のために
退職届を会社に届けてくれる仕事だそうだ。

価格は正社員で5万、アルバイトで3万。

バイト辞めるのも辞めさせてくれない職業ってあるの???

っていう話はニュースの掲示板などで語り合ってもらうとして、
ここで書きたいのは退職代行なる仕事。

たぶん10年前はなかったよね?(ひょっとしてあった?)

少なくても30年前は存在していないはず。

世の中には「え。こんなのでお金になるの?」

みたいな仕事がたくさんある。

垣根涼介の小説「君たちに明日はない」には、

リストラ請負会社なる職業が出てくる。

真山仁の小説「当確師」には、選挙に当選させるための職業・当選師を名乗るとこが出てくる。

まぁ、代行だったり代理人だったり、コンサルタントだったり、

広い意味からすると、そういった職業は昔から存在しているのだろうが、

その昔はなかった職業が今の商圏に乗る。

アフィリエイトなんて30年前は存在していなかったし、

日本でプロサッカー選手は50年前に考えられなかった。

テレビタレントだって100年前はいない。100年前はテレビもなかったしね。

普通はこうだ、
常識的には、
今の時代には、

そんな括りが効くのは、たった今のその会話が出ている周りの環境だけ。

その普通を疑い
その常識を外れてみて、
次の時代を考えると、

新しい何かが見えてくる。