札幌の歩き方〜イチニチイチサッポロ〜

【小樽編】縄文時代の史跡「手宮洞窟」を訪れてみた

time 2016/06/22

今回は小樽市手宮にあります縄文時代の史跡である「手宮洞窟」に来てみました。

こちらはおよそ1600年前の縄文時代の史跡で、かつては「手宮の古代文字」として
知られていましたが、その後の研究で文字ではなく絵画だったと判明したということで、
1995年に現在の手宮洞窟保存館として整備されております。

洞窟ということで中は真っ暗なんですが、各所に設置された説明パネルのボタンを
押していくと解説のランプが点灯したり動画が再生されたりと、結構「博物館らしい」
体裁になっているかと思います。

ちなみに中は結構暗いので、外に出た時明るさのギャップでクラクラする場合も
ありますので、ご来場の際はご注意頂ければと思います。

This time, came to “Temiya cave” that the historic sites of Jomon Period in Otaru.
This is the historic site of approximately 1600 years ago of the Jomon period,
The past, had been known as “the ancient character of Temiya”
It turned out it was a painting rather than a character in a subsequent study,
developed as the current “Temiya cave Museum” in 1995 .

sponsored link

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


未分類

sponsored link

札幌の歩き方とは?

「札幌の歩き方」は、札幌で遊ぶ、歩く、買う、食べる、学ぶ、働く、稼ぐ、生活するなど、とにかく「札幌」に関するアレコレを動画メインで紹介していくサイトです。
毎日休まず動画配信中!
follow us in feedly

ライター紹介

mizo
北海道生まれ北海道育ち。札幌暮らし23年のクリエイター。
タウン誌や雑誌、ラジオの取材で廻りまくった札幌のメジャーどころからマニアックなものまでアンテナに引っかかったものをレポートします。
ちなみに北海道出身なのに福岡ソフトバンクホークスファン歴40年(南海時代から)で、時に顰蹙を買うことも…。

ランキング

最近のコメント

    sponsored link