好きなこともそうでないこともうまくいくためには

エンタメやビジネスで成功した人が
その秘訣として答える理由の中に
「自分たちが楽しいと思ったことをした」
というのがある。

自分たちが楽しいと思わなければ世間に受けるはずがない
自分が好きなことだから一生懸命できる

それはよくわかる

だけど

「自分たちが楽しいこと」

「自分たちだけが楽しいこと」

になると、自己満足自己欲求だけのものになり
エンタメとしてもビジネスとしても、
うまくいくはずがない。

「お客さんの立場になって」
「顧客の喜ぶ顔が見たいんです」

これも成功した人が良く話す言葉。

もちろんよくわかるが、

これも

「客の顔色ばかり見て個性がない」
「目先のことばかり見て長期的戦略が見えない」

となることもある。

自分ばかり見てもいけない
他人ばかり見てもいけない

じゃあどうするんだ。

自分を他人が見て
他人が自分になる

好きなことをやる時ほど俯瞰の自分が必要で
顧客のことを考えるときは、自分がその顧客の一番手になる。

そうすることで好きなことをやっている時には、
自分が自分の一番の批評家であり演出家になり、

顧客のことを考えるときには、
自分が自分の一番のファンでありクレーマーになる。

これを冷静にこなせられれば

エンタメでもビジネスでも

ワンランク上へ行ける・・・んだろうな、、、

とこれを書いてる中の人が自分に問いださしておりまする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です