短編アウトプット21-25

3月インプット50作宣言は達成したが

アウトプットが終わっていない。

居残り宿題のように4月に吐き出す。

短編21 【WEBドラマ】 A太郎の区区たる問題  第一話 「それまでのあいだ何するの問題」

ここから数本は、短編だが連作。

2月に「福北寄席」で札幌に来ていただいた落語家・昔昔亭A太郎さん主演のWEBドラマ。

一話8-10分程度の短編で連作ドラマ。

第一話は、その序章。

「それまでのあいだ何するの問題」

ここから始まる物語の導入部としては、まぁいい感じ。

ただこの時点で最終話までのタイトルだけは見てたので

最後が「・・・・」だったら嫌だなぁという勝手な予測をしてみていた。

短編22 第二話 「あの時の129円問題」

自分の死を前に、これまでの人生の中での公開。

謝罪だったり告白だったり確認だったりをする、

人生後始末の旅がスタート。

その順番として、最初にこれだったのかなぁ???

というのが正直な感想。

全てのエピソードの中で

これが一番しょぼかった。

それとこれ書いちゃうとそもそもだけど、

A太郎が友達の家に同居する。

その友達がホモであるというエピソード。

女に必要だったのかな?

近所のお節介おばちゃんも

物語のワンポイントとしてはありなのかもしれないが

逆にキャラが濃すぎて邪魔だなと個人的に感じた。

短編23 第三話「思い出すに値するか問題」

制作者が演劇関係の人らしいが、

この話はいかにも演劇っぽかった。

素舞台で3-40分だらだら見れるような話。

キライではない。

短編19 第四話 「甘美な記憶は今でも甘いか問題」

全体的に予定調和なお話ばかりで

「やっぱりこうなるか」と多少なりとも物語を見てる人考えてる人なら

分かるストーリー続きの中、

この第4話は、ある意味意外だったな。

A太郎が昔好きだった女性に会いに行く。

その前に喫茶店でカップルの話す会話を聞く。

恋と小骨に関するトーク。

伏線???だが、その伏線通りの話にならない。

昔の恋愛って男は過去に執着し

案外女はあっさりとしている。

そんなイメージになると思ったらそうでもなかった。

第3話は演劇的と書いたが

これは小説的かな。

短編25 第五話 「後悔した気になりがち問題」

この連作の最大のテーマである

「死」が出てきて、何か関連する話に持ってくるのかなと思ったら

「死」がキーワードなだけで、特に何もなく

弥島さんうざい!って思ったくらいかな(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です