カテゴリー: その辺のバラッド

29歳の同窓会(2)痩せたら結婚?

「はい」
 一人の男が手を挙げたから、話がさらにおかしな方向へと進む。
 手を挙げたのがアシダならまだいい。
 元彼だし。冗談でも済むし、より戻すのとからかわれるだけでいい。ツダヌマにしても、ファンが泣くよ、とかスター心をくすぐらせておけばいいし、ワダなら、また嘘ついてとギャグにできる。ところが。
「はい」
 手を挙げたのは、・・・Continue reading

29歳の同窓会(1)30までに何やりたい?

一日が終わり新しい一日が始まる。その当たり前に続く時間の中で、人間が勝手に作った流れの区切りがお正月。
 お正月には凧揚げて駒を回して遊びましょう。今では凧も駒も見かけることがほとんどないが、初詣や初日の出、お年玉に年賀状、正月らしい風物詩はまだまだいくつも存在している。正月になれば「あけましておめでとう」と家族や親戚に挨拶し、神社でおみくじを引いて大吉なら喜び小吉なら微妙な気持ちになり、真っ先に縁談の欄を読む。Continue reading

自分のことを話したがる女

「私風俗で働いているんです」
交流会というのか、知り合いの延長というのか、
でもコンパではない飲み会の場で、
初めて会った女性は、普通に告白した。
20名ほどの飲み会で、この話に参加してるのは5人ほど。
告白した女性は21歳。女性はもう一人20代後半。
あとは男が3人。
30代が2人と、俺だ。Continue reading

普通と違う元女子大生

「私変わってるってよく言われるんです」
彼女はいつも、自分は人と違うオーラを出しまくる。
「同じ大学の学生と話してても話が合わなくって」
と別な大学のサークルに通い、
「同じ年くらいの人たちと共感できるものがなくて」
と20代が中心のサークルに通い、
「私が普通にOLやって結婚するって絵が全然浮かばないんです」
と様々な職種、年齢の人が集う飲み会で話している。
Continue reading