批判は簡単

会社でも趣味の活動でも社会でも

みんなが同じ目標(スタートライン)から始まっても参加者が増えれば増えるほどその統合は難しくなる。

うまくいかないとトップが批判されたり

何か問題が起きると犯人探しが始まる。

「あいつが○○だからダメなんだ」

「俺がトップならこうする」

そういう人間が必ず出てくる。

会社だと、じゃあ社長と係長交代ねと簡単にはいかないが

イベントとか会社以外の活動組織だと、代表者責任者の変更は結構簡単にできる。

で、それまで代表を批判してた人が代表になる。

すると今度はその人が批判のターゲットとなる。

「あいつ言ってることが違う」

「俺がトップならこうするのに」

そして代表が失脚し、しっかり批判してた人が代表に

そして

「あいつは・・・」

これがエンドレスされる。

終わりなくエンドレス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です